厳島神社と原爆ドーム

年が明けてすぐ、厳島神社をテレビでみたときに
「ここに行きたい」と思いました。

もちろん今までも行きたいとは思っていた場所です。

ただ、具体的に行き方などを調べたことはありませんでした。

直観は無視するべからず。

1月下旬の土曜日、たまたま大阪方面に出張があり、それが昼間に終わります。
土曜午後から新幹線で広島に向かい、日曜日の遅い時間に帰ることにしました。


広島で観に行きたいところは、厳島神社と原爆ドームくらいだし、ろくに調べていませんでしたが、
そんなおおざっぱな計画を立てました。


広島の駅から徒歩15分くらいのホテルをとり、出張の土曜日の午後広島に向かいました。
大阪からだと新幹線で1時間30分、東京から直接行くと4時間30分くらいかかりますね。
やっぱり遠いわ。

夜は特に観光せず、ホテルに向かいました。

次の朝まずは原爆ドームを見に行きました。
改修工事をしていたので、全貌は見ることができませんでしたが、テレビや本で見るのとは少し印象が違いました。思っていたより大きかったです。
f0198306_1838264.jpg


戦後60年以上たってもよく残していますね。
なるべく長く残してほしいと思います。

その後、原爆資料館に行きました。
最近は、美術館や博物館などに行ったときは、案内用のテープを借りて入ります。
そのほうが、より深く展示物を見ることができるからで、今回も借りて入りました。

長崎でも原爆資料館に行きましたが、やはり資料として淡々と展示してあるものを見るだけで、
本当に悲しい思いでいっぱいになりました。
日本は原爆を落とされた国であるにもかかわらず、原発で事故も起こしたし。
学習しない国なのではないかと思います。

現在原発は1基も動いていない状態ですが、このまま動かさず、自然エネルギーやフリーエネルギーを開発して、安全で安い電気の供給をしていただきたいと思います。
頭のいい日本人ならできるはずです。

原爆資料館では、はだしのゲンが売られていました。
中学生の時、読書感想文で、はだしのゲンを書いたことがあります。
その時に印象に残っているのは、「のどが渇いた」と言っている人に水をあげるとその後すぐに死んでしまうこと、そして、皮膚がやけどで剥けてしまい、指の先にぶらさがって、まるで幽霊のように歩いている人がたくさんいたことなどです。

まさに悪夢ですよね。

そんなはだしのゲンで描かれていたものが、マネキンで表されていて、それも怖かったです。

最初はゆっくり見ていたのですが、泣きそうになったところが数々あり、最後のほうは早歩きで出てしまいました。
戦争は、ひどいことしかありません。

この後、路面電車に乗り、厳島に向かいました。
[PR]

by sunandthemoon | 2012-05-13 20:06 | 旅行