カテゴリ:日常( 37 )

日々の空しさとは

日々の空しさはどこからくるのだろう。

以前は、本にその答えがあるのではないかと思って探してみた。
少しだけ、きっかけになりそうな本はあるのだが、やはり答えを書いている本はない。

空しさを埋めるため、買い物、食べ物、お酒などに向かう人もいる。

依存症とは、空しさを埋めたいから、なんだろうな、と思う。
そして、宗教もその最たるものだと思う。


でも、これを誰も埋めることはできないのだ。

古代や、少し前の時代までは、今の日本のような自由はなかっただろうと思う。
きっと食べるのに必死な時代が多かっただろうから。

今はあまりにも自由すぎて、逆に空しさは増えていくのだ。


未来のことは誰にもわからない。
未来のことがわかれば、こんな空しさはないだろう。

だから、占いや予言にひかれるのだろうと思う。


誰かから「あなたの未来は希望に満ちています」
と言われたいだけだ。

でも、占いが当たることは少ない。


未来はわからない。明日生きているのかさえわからない。

本当は、それを望んで生まれてきているはずなのに。

自由すぎて空しいのだ。

それを書いる本はない。それに気が付いたら、自分でその空しい穴を見つめて
「私はそれを望んで生まれてきた」と思い知るしかない。
埋めようとしても、埋まることはないのだから。

そして、未来に期待してはいけない。

それは、自分で作るものであって、何かに期待しても、またその空しさに襲われるだけなのだから。
[PR]

by sunandthemoon | 2011-10-26 21:49 | 日常

悪が悪だとわからない世界

水戸黄門がとうとう終わるのだとか。

子供のころは、おばあちゃんと一緒に見ていました。

番組のでは、悪人はすぐ悪人とわかりましたが、もう悪人は悪人らしい世の中ではないのかもしれません。

善人のふりして近づいてきて、悪い人だとわかった時にはもう遅い……。

そんな国になってしまったのかも。


私はそっちの世界にはいきたくないですね。
[PR]

by sunandthemoon | 2011-10-24 22:35 | 日常

バルセロナ バルセロナ

21日の試合自体は面白かったのだけれど、やっぱり点が入らないとファンとしてはつまらないですよね。

セビージャのゴールキーパーすごかったです。
リーグ戦の一戦とはちょっと思えないくらい、最後まで両チームとも集中してましたね。
このくらいやってくれると、スペインリーグは2強だけで他は大したことないなんて言われなくていいですよ。

でも、レアルが首位になってしまいました。

火曜日の第10節に期待しましょう。
[PR]

by sunandthemoon | 2011-10-23 23:02 | 日常

挑戦するということ

昨日、上司と話をしていた時、なんでも無茶ブリする上司のため、まるべく仕事を増やさないようにしていたら
「あなたって、全部マイナスのとらえ方をするのね」と言われました。

本当、私って後ろ向きになってる。

いつからこんな風になってしまったのか。

やっぱりこの職場はもうさよならしたほうがいい。
[PR]

by sunandthemoon | 2011-10-20 23:13 | 日常

バルセロナ

スペインのサッカーのバルセロナチームが好きで、WOWOWに加入しました。

スペイン時間だと日本の夜中および明け方に試合をやっているので、
なかなかLIVEで起きて見られません。
が、今朝たまたま4時過ぎに目が覚めたので、ちょっとLIVEで見られました。

やっぱりうまいなぁ、メッシやイニエスタ。
今までスポーツニュースでゴールシーンのダイジェストしか見られなかったけど、
今季はここから全部見られる予定(録画を忘れなければ)。

ボールコントロールが秀逸で、楽しみです016.gif
[PR]

by sunandthemoon | 2011-10-16 13:15 | 日常

トイカメラ

宝島社から出ている付録付き雑誌のシリーズに「LOVEトイカメラ」というのがあります。
トイカメラ付きなのです。


ほかの方のブログでトイカメラで撮った写真をみて、ちょっとほしいなと思っていました。

なんとも味のある絵柄になります(ちょっとピンぼけ風?)

f0198306_1841158.jpg


でも、自然光で撮るのが一番のようで、あまりうまくは撮れませんでした。

明日天気がよければ、外でちょっと撮ってみようと思います。
[PR]

by sunandthemoon | 2011-10-15 18:34 | 日常

地震と原発

東北関東大震災で、被災された方にお見舞い申し上げます。

本当にこれは現実なんだろうかと思うような映像を目にすると、いかに今までが平穏だったのかと思い知らされています。

今一番気になるのは、福島第一原発です。

久しぶりにタロットを出して占ってみました。

臨界まで行ってしまうのか……。

答えはNOでした。
私はカモワンタロットを使っていて、3枚のカードの向きによって、YESかNOかを占います。


見えにくいですが、結果はこちら
f0198306_19243480.jpg


メインは一番上の列の3枚
一番左が「星」真ん中が悪魔、右が月
になっています。
あと何枚か出ていますが、
これを読んでいくと
星のカードは、女性が両手に水瓶を持っていて、水を入れている絵です。
まさに原発に水を注水しています。
そして、悪魔のリバース。
リバースなので、意味としては少し弱くはなりますが、いいカードではありません。
かなり困難な状況を表していて、その下の運命の輪もそれを表しています。
運命を変えようというくらいの努力が必要です。
でも、その努力の結果、裁判というカードが出ていますが、これは成功の意味があります。

とても困難な、もう無理だと思われる努力をしてやっと報われるという意味だと取っています。

そして、最後は月のリバース。
月のカードも正位置ではあまりいい意味ではなく、かと言ってリバースでもいいカードではありません。

ただ、このカードの絵を見ていただくと、下に月があり、そこから何か出ていますが、さそりのいる水が頭にあり、それを押さえているというものです。

月の下には死神のカード。
これは再生を意味していて、その結果世界のカードが出ました。
なので、最終的にはうまくいくということなのです。

めったにタロットはしないので、やったときは当たる……と思っています。

当たってくれることを祈る016.gif016.gif
[PR]

by sunandthemoon | 2011-03-15 19:43 | 日常

今年も無事に過ぎました

12月30日です。
気がつくと1年経っているというのは……。

今日、いつもよくみているホームページのパンドラで、

「毎朝、推敲なしで書くこと100日間」というのをやると、自分の潜在意識がわかり、
願望を実現化するのに邪魔をしている潜在意識がわかるので、願望が叶うというのを読みました。

明日よりさっそくやってみようと思います。

本当にやりたいことは何なのか。
また、それを邪魔している意識は何か。

最近、自分の口癖でも、ブロックしているものが見えているので、面白そうです。

それでは、良いお年を。
[PR]

by sunandthemoon | 2010-12-30 11:38 | 日常

展示会いろいろ

ゴッホ展、東大寺大仏展、ドガ展と2日間で回ってきました。

良かった順に並べると、ゴッホ展、東大寺大仏展、ドガ展(観た順ですね)です。

ドガ展は有名な「エトワール」が来ていたので、ぜひ行きたいと思っていました。
期待度は3つの中では一番。

でも、エトワールだけが別格で、それ以外の絵はあんまり好きになれませんでした。
あの絵だけは、なにかが乗り移って描いたのでは……と思うくらいきれいでした。

ゴッホは、正直好きな画家ではないのですが、なんというか、彼が画家として描きはじめてから、晩年(といっても37歳)までの流れで展示されていました。
しかもゴッホだけの作品ではなく、影響された画家の絵も展示されていました。

最初は「ゴッホだけが観たい」と思ったのですが、観終わってみると、ゴッホが影響された画家の絵も展示されることで、どう絵が変わっていたったかわかって面白かったです。

絵のうまさでは、ドガのほうが断然うまかったです。

でも、なぜからゴッホ展のほうがよかったですね。

ゴッホはパリに2年いて、絵の勉強をするのですが、あの時代の絵が一番明るい感じがします。
パリ時代の絵はどれもきれいな印象です。

そして、ゴーギャンとの共同生活が終わって、耳を切り取ってしまったゴッホは、そののち、精神病院に入るのですが、その療養院の庭を描いた絵もかなり良かったです。

ノルウェイの画家のムンクも、「叫び」を描いたときは精神疾患だったそうですが、精神疾患があった方が、芸術的なものが生まれやすいのでしょうか。


あとは、今回初めて音声ガイドを3つの展示会ともに使ってみたのですが、なかなか良かったです。
ゴッホ展はTBSの安住さんでしたが、最後の絵の解説に「27歳で絵を描き始めて、37歳で自殺したゴッホですが、この間に売れた絵はたった1枚でした」(正確には覚えてないんですが、こんな感じでした)のナレーションを聴いたときは、泣きそうになってしまいました。

絵の横に説明書きがありますが、音声でいろいろな背景を聴きながら絵を観ると、ちゃんと観たという思いは残りますね。
人が多いとろくに観ないまま、出てしまうことがありますが、音声をとりあえず聞いてからと思うと、最低でも30分はいますから001.gif

そして、2番目の東大寺大仏展ですが、日本の文化というより、大陸からいかに文化が伝来したかというのがよくわかって面白かったです。

そして、途中で12分のCGで作った映像があるのですが、大仏殿のCGでの再現や、大仏そのもののCGなどこった作りで面白かったです。

でも、ここで私は気がついてしまいました。

というか、悟ってしまいました016.gif

前にみうらじゅんさんの本を読んだときにも書いてありましたが、その時にも「そう言われればそうだなぁ」くらいに思っていたのですが、このCGで実感してしまったのです。

大仏は外国人です024.gif

どうみても、インド人です。

そりゃそうだよ、何言っているんだよって思われると思いますが。

なぜ外国からきた人を拝んでいるんだろうって悟ったんですよ。

日本人には日本の神様がいるはず……。

なぜ大仏を拝む???

みうらじゅんさんも外国の神様なんだけどねぇって書いてましたけど、実感してしまいました。

やっぱり八百万の神を拝むのが日本人だよねぇ。

ですが、東大寺大仏は、それがわかったので、よかったです。

2日に3つ回って合計3万歩も歩いてしまいました。

面白かったです。
[PR]

by sunandthemoon | 2010-10-24 20:51 | 日常

なかなか波動のよい公園

仕事運がいまいちのときは、緑が多いところに行くか、海に入るか……した方がいいですよ。

泳がなくても、船に乗るのでもいいんです。

で、私も仕事運がいまいちだと思うので、近場で自然のあるところで探してみました。

というか、たまたま観ていたローカル番組に出ていて、
「ここに行きたい」と思ってしまったのですが。

家からだと30分くらいでしょうか。
文京区の須藤公園

小さいながらも滝もあって、私にはとってもいい波動でした。

もうちょっと近くにあったらちょくちょく行くにになぁ。

池では亀が甲羅干ししていましたよ。
弁天様もいらっしゃいます(でも古くなりすぎて、扉は開いておらず)。
ベンチに座って本を読んでいる人もいました。

写真取りたかったんですが、小さい公園だったし、いらっしゃる方に迷惑だなって思ったので辞めました。

池の水はあまりきれいだとはいえないんですが、今は機械を使って水を循環させているそう。
動いている水があるところは、いいですよ、やっぱり。
[PR]

by sunandthemoon | 2010-09-26 19:15 | 日常