カテゴリ:旅行( 6 )

厳島神社と原爆ドーム

年が明けてすぐ、厳島神社をテレビでみたときに
「ここに行きたい」と思いました。

もちろん今までも行きたいとは思っていた場所です。

ただ、具体的に行き方などを調べたことはありませんでした。

直観は無視するべからず。

1月下旬の土曜日、たまたま大阪方面に出張があり、それが昼間に終わります。
土曜午後から新幹線で広島に向かい、日曜日の遅い時間に帰ることにしました。


広島で観に行きたいところは、厳島神社と原爆ドームくらいだし、ろくに調べていませんでしたが、
そんなおおざっぱな計画を立てました。


広島の駅から徒歩15分くらいのホテルをとり、出張の土曜日の午後広島に向かいました。
大阪からだと新幹線で1時間30分、東京から直接行くと4時間30分くらいかかりますね。
やっぱり遠いわ。

夜は特に観光せず、ホテルに向かいました。

次の朝まずは原爆ドームを見に行きました。
改修工事をしていたので、全貌は見ることができませんでしたが、テレビや本で見るのとは少し印象が違いました。思っていたより大きかったです。
f0198306_1838264.jpg


戦後60年以上たってもよく残していますね。
なるべく長く残してほしいと思います。

その後、原爆資料館に行きました。
最近は、美術館や博物館などに行ったときは、案内用のテープを借りて入ります。
そのほうが、より深く展示物を見ることができるからで、今回も借りて入りました。

長崎でも原爆資料館に行きましたが、やはり資料として淡々と展示してあるものを見るだけで、
本当に悲しい思いでいっぱいになりました。
日本は原爆を落とされた国であるにもかかわらず、原発で事故も起こしたし。
学習しない国なのではないかと思います。

現在原発は1基も動いていない状態ですが、このまま動かさず、自然エネルギーやフリーエネルギーを開発して、安全で安い電気の供給をしていただきたいと思います。
頭のいい日本人ならできるはずです。

原爆資料館では、はだしのゲンが売られていました。
中学生の時、読書感想文で、はだしのゲンを書いたことがあります。
その時に印象に残っているのは、「のどが渇いた」と言っている人に水をあげるとその後すぐに死んでしまうこと、そして、皮膚がやけどで剥けてしまい、指の先にぶらさがって、まるで幽霊のように歩いている人がたくさんいたことなどです。

まさに悪夢ですよね。

そんなはだしのゲンで描かれていたものが、マネキンで表されていて、それも怖かったです。

最初はゆっくり見ていたのですが、泣きそうになったところが数々あり、最後のほうは早歩きで出てしまいました。
戦争は、ひどいことしかありません。

この後、路面電車に乗り、厳島に向かいました。
[PR]

by sunandthemoon | 2012-05-13 20:06 | 旅行

知知夫と神社

暑いっていうのもいやになるほど、暑いですね。

山の上って涼しいのかなと思ったのですが、そんなことはありませんでした。

秩父……池袋から西武特急ちちぶで約80分でしたが、なんだかすっかり旅行気分でした。

写真だときれいに写らなかったのですが、西武秩父駅の裏にある山は、階段上に削られていて、ちょっとビックリ。
f0198306_12385284.jpg


今回の目的は知知夫神社と秩父今宮神社で、駅から15分くらいなのに、あまりの暑さに汗だくになってしまいました。

まずは知知夫神社
f0198306_1246734.jpg


日光東照宮のような彫り物がたくさんありまして、三猿もいるんです。
でも、東照宮とはちょっと違うんですよ。

f0198306_12523693.jpg

東照宮の三猿は「見ざる、言わざる、聞かざる」ですが、こちらのは、
いつまでも元気に「見て・聞いて・話せて」という元気三猿さんです。

また、子育ての虎や
f0198306_1259434.jpg

北辰乃梟
f0198306_1305286.jpg

つなぎの龍
f0198306_13112289.jpg


など、本殿にはかなりたくさんの彫り物があります。
また、子育ての虎とつなぎの龍は、左甚五郎作だと言われています。

これ以外にも鳳凰や、翼のある龍など、いろいろな彫り物があります。
暑すぎてゆっくり見られませんでした。次は秋に行きたいですね

そして、本殿の奥にある天神地祇社ですが、全国の一ノ宮の神々を中心にお祀りされているそうです。
f0198306_13343678.jpg

ここはパワーあるみたいですよ(私はよくわかりませんでしたが)。

そして、おみくじです。
ここのおみくじには水みくじがあって、境内に流れている川(といっても小さいんですけど)の水に浸すと文字が出るというものでした。

京都の貴船神社にもこういいうおみくじありますよね。

で、やってみました。
f0198306_13392448.jpg

大吉!!
川に咲いていたお花(睡蓮でしょうか???)
f0198306_13401886.jpg


そして、次は秩父今宮神社です。
まず、鳥居をくぐるとこの池とお水
f0198306_13443189.jpg

邪気を全部振り払ってくれます。本当に気持ちのよいお水です。

そして、中に入ると大きいけやき。
f0198306_13461486.jpg

柵があるので触れませんが、やさしいエネルギーを感じました。ここもパワースポット。

本殿は知知夫神社に比べるととっても小さいお社ですが、私にはこちらの方がパワーがある感じがしました。
でも、たぶん好みの問題です016.gif
f0198306_13503545.jpg


実家の近くに今宮神社があり、今住んでいる近くにも今宮神社があるのです。
なので、神様に向かっての第1声は「いつもお世話になっております」と自然に出ておりました。

本殿手前のパラソルがある部分には、御神水が入った魔法瓶のようなもの(部活で使うような大きなタイプ)が置いてあり、自由に飲めるようになっています。
ここで、小さいカップ2杯ほどお水をいただき(これだけでクラクラするくらいのエネルギーがありましたよ)、
社務所でお守りを1つとおみくじをいただきました。
おみくじは末吉だったため、所定の場所に結ばせていただきましたよ。ちなみにさきほどの知知夫神社でのおみくじは持って帰ってきました(大吉だし)。

そして、このお水
f0198306_1359489.jpg

今回はお水取りではなかったため、ペットボトルなどではいただきまませんでしたが、本当にエネルギーがあっていいお水です(持って帰りたい人用に社務所に500mlのペットボトルが売ってます)。
平成の名水百選だそうです。納得。
私が気になったのは、後ろにいらっしゃった馬頭観音様。
厳しくもやさしくお守りくださっているようです。

次はいい方位のときに来て、ぜひお水取りしたいと思ったのでした(しかし、暑かったです)。
[PR]

by sunandthemoon | 2010-08-07 14:19 | 旅行

やっと最終日更新

もう、前の更新から半年経ってしまいました007.gif

更新しようとしても、なかなかやる気になれず……ただ、西方位の吉報取り、効果はあったと思っています。

なぜなら、仕事内容はほとんど変わっていないのに、お給料が上がりました016.gif

西方位の効果はずばりお金の意味があるのですよね。

この不景気に、お給料が上がるのは、うれしいものです。

うちも景気はそんなによくないんですけどね。


ということで、ず~っと書けなかった4日目を書いていきたいと思います。

最終日、今日伺う予定は、1箇所のみです。
なので、朝もちょっとゆっくりめ、8時半ごろ起き、ホテルをチェックアウト。

すぐ近くにあったコーヒー店で朝食。


そして、ほぼ毎日乗っていた叡山電車に乗り、修学院駅で降りました。

だいたいこっち方向というアバウトなカンに従って進んでいくと、案内板がありました。

ここだ~と歩いていくと、神社がひとつ。

あれ、ここなのかな? と思いながらお参りしたのですが、何か違う???

よく見ると、違うお社でした037.gif

気を取り直して、さらに歩いていくと、ありました。
松ヶ崎大黒天001.gif

f0198306_16192574.jpg


この日は、甲子の日なので、お祭りをやっていました。

予想以上に人がいらっしゃって、写真撮れず。

ろうそくを奉納し、身体の悪いところを触ると、良いといわれている大黒様の目の部分を触り、帰ってきました。

ちょうどこの最終日が甲子日だったために、「絶対この日にお参りする」と決めていたのです。
なぜなら、普通の日にお参りするより効果は10倍だということなのでした。


きっと、大黒天様のおかげもあり、給与アップにもなったのでしょう。

ありがたいことです。

しかし、小さいところなのに、露店も出ていたりしていたので、やはりお参りするなら甲子日がいいですよ。



そして、最後に三面大黒天様にお参りに行きました。

ただ、この日は日曜日。

ねねの道の途中にあるのですが、道の混みようといったら……トンでもありませんでした。

こちらの大黒様にもせっかくだし、ご挨拶したいということで、人混みに負けず行ってきましたよ。

そして、もうひとつの目的は、この三面大黒天様のところで、占いをやっているのです。
お名前は忘れてしまったのですが、占い師はおじいさんで、独自の占いということでした。

生年月日と手相で占うのです。

なかなかの混雑振りで、かなり待ちましたが、観ていただきました。

どうも、今は良くなくて、来年からはいいですよと言われました。

でも、最近は、なぜだか占いなどで観てもらうと、あんまり具体的なことを言ってもらえることが少ないのです。


私も占い師だからでしょうか……(占いをするとは言ってないですけど)。


そして、この後、ちょっと買い物などをし、無事帰ってまいりました。


感想は……ちょっと疲れました。

でも、最近はご利益が出てきたと実感できるので、やっぱり行ってよかったです。
[PR]

by sunandthemoon | 2010-05-16 16:42 | 旅行

勝ち神参り3日目

さて、3日目の今日の勝ち神参りは、鞍馬寺と建仁寺 禅居庵摩利支天堂です。

あいにくの雨でした002.gif

まず、7時30分ごろホテルを出て、建仁寺 禅居庵摩利支天堂に向います。

今回、勝ち神参りをするにあたって、お寺と神社を合計6つまわるのですが、かなり考えました。


この日は、運よく亥の日。

建仁寺 禅居庵摩利支天堂は、狛犬ではなく狛亥なのです。
亥の日にお参りすることが、非常に重要なわけなんですよ。


で、旅行に行く前に、勝ち神参りの本で、扇を作りなさいと出てきます。

白い扇を買って、それに摩利支天神と書き入れ、亥の日にお参りして左手で大きく3回上下させることで、神様のわが身にお招きすることができるとのことです。


東京文扇堂で白い扇を買い、墨を磨って扇を作り、持っていきました。


でも、なかなか建仁寺 禅居庵摩利支天堂が見つかりません007.gif
建仁寺はすぐに見つかったんですけどね。

本当に方向音痴ですよねぇ。

この辺のはずという所を30分ぐらいうろうろして、やっと見つけました。

扇を大きく上下させるには、人はいないほうがいいなぁって思っていましたが、
雨振りのこともあり、誰もいませんでした。

よかった~と思って、お参りし、扇を上下させ、記念に狛犬ならぬ狛亥を写真に撮ろうとデジカメの電源を入れると

「電池がありません」005.gif

いや、昨日までフル充電だったのでそんなわけはないのに~と心残りがありましたが、
鞍馬寺に向かうことに。


すこ~し歩いてデジカメの電池を入れると
なんの問題もなく立ち上がります。

「なぁに~017.gif」となりまして、どうしても狛亥を撮りたかったので、もう一度戻り
建仁寺 禅居庵摩利支天堂の前でデジカメの電源を入れると、また「電池がありません」

「え~っ!!」となりましたが、神様に「狛亥だけ撮らせてください」とお祈りしたら、点滅しているものの、まだ撮れる状態になったので、3枚ほど撮らせていただきました。

でも、なんかみんなピンボケ。

f0198306_12102865.jpg


こちらの神様は、きっと恥ずかしがりやなんですね。失礼しました。


その後、鞍馬寺に向かいます。

雨振りだし~と本殿までの道のりをケーブルカーに乗ってしまいました。
あぁ、根性なし007.gif



ケーブルカーを降りて、本殿に向かいます。

途中のお社でも、お参りさせていただいたのですが、こちらは弁財天様。
水琴窟があり、いい音色がしました。

f0198306_12171754.jpg


こちらの前でも、「電池がありません」となりましたが、1枚だけ撮らせてくださいとお願いして、撮らせていただきました。

そして、本殿へ。

f0198306_12244847.jpg


本殿をお参りし、ろうそくを奉納してから、奥の院に向かうべく、坂道を上がります。

伏見稲荷も大変でしたが、こちらは少し雨がぱらついていて、地面の状態は最悪でした。

でも、ここまできたら奥の院までいかなくては……と頑張りました。

こちらもず~っと坂道、しかもぬれているので、気をつけないとすべります。

あとで、京都のパンフレットを読むとこの奥の院への道、女性だと一人で行くのはあぶないので、止めましょうと書いてありました。


確かに、滑って動けなくなったらかなり迷惑ですね。

しかも、私は登山にはあまり向いていないだろう靴で登っていました(ヒールのある運動靴です)。

私のガイドの白龍さんが危なそうなところに通りかかると「ほら、気をつけて」と言ってくれてました。

おかげで、滑ったりすることもなく、かなり早いペースで登っていけたような気がします。

そして途中でこちらにもお参りいたしました。
f0198306_12322250.jpg


大杉社です。

ここの空気はかなり違いました。

なんかいるぞっていう感じでしたので、お参りをさせていただきました。


そして、よくパンフレットで見るここの道

f0198306_12333846.jpg


晴れていても、たぶん歩くには大変そうなこの道。濡れていたので、やっかいでした。
本当、簡単に捻挫くらいしそうです。

でも、大丈夫でした。

やっとたどり着いた奥の院

f0198306_12365014.jpg


貴船神社の奥の院もそうでしたが、なんだか、簡単には人を招き入れないベールがあるというのでしょうか。
うす暗い感じがします。

お参りさせていただき、本来なら、貴船神社に向かいますが、私はお守りを買い忘れていたことに気がつきました。

貴船神社は以前お参りさせていただいたこともあるし、ここはひとつ心残しがないようにお守りを買って帰ることにし、今来た道を戻ります。

なかなか戻る人はいないようですが、わかっている分だけまだ帰り道は楽でした。
ほとんど下り坂でしたし(でも、奥の院から大杉社あたりまでは上りになります)。


そして、このお守りを求め
f0198306_12494131.jpg

帰りはケーブルカーを使わずに降りてきました。

しかし、ここを登ったら、あの奥の院まで行けただろうか……と思ってしまうくらいの急坂です。
途中、水が湧き出ていたところがあったので、1枚撮ってみましたが、ピンボケですね002.gif

f0198306_12504252.jpg


そういえば、鞍馬寺は狛犬ならず、狛虎でした。

f0198306_1251286.jpg


う~ん、京都はいろいろな守り神がいらっしゃるのですね。

そしてこの後は、二条城の前にあります神泉苑に向かいました。

神泉苑に向かう前、昨日行った八坂神社で社務所が開いていなかったため、求めることができなかったお守りを買っていきました。

こちらです。

f0198306_12565973.jpg


このお守りは、疫病に効くお守りですよ。怖い病気も流行しているようですし、絶対必要ですね。


そして、神泉苑です。
f0198306_1311869.jpg

f0198306_131324.jpg


このキレイな太鼓橋を渡る際、お願いことをすると1つだけ叶えていただけるそうです。

私のガイドさんは白龍さんなので、こちらの神様とは相性がいいのかもしれません(こちらの神様は女性の龍神様です)。
なんだか、ここでしたお願いは絶対叶うと核心がもてた気がしました(思い込みかもですが、思い込みも必要ですね)。


3日目のお参りは終了です。

明日は、勝ち神参りの最終日、甲子の日ですので、松崎の大黒様をお参りに行きます。
[PR]

by sunandthemoon | 2009-12-12 13:09 | 旅行

勝ち神参り

さて、伏見稲荷と八坂神社にお参りさせていただいたお話しは書かせていただきました。

伏見稲荷にお参りして、その後、夜に勝ち神参りにはかかせない

ラッキー手帳と勝ち神ペンをゲット

f0198306_1453254.jpg


店主の方がいろいろと説明してくださいました。
来年の干支の虎のラッキー手帳で、なんと宝船の図柄入り!!

そして、勝ち神ペンは、季節はずれでしたが大好きな桜模様とさせていただきました。

このラッキーノートに勝ち神ペンで願いを書くと、願い事が叶うのだそうです。
試してみる価値ありです。

この後、鞍馬温泉に行き、露天風呂に入ってきましたよ。
六爻で占ったところ、今回はお水取りより(方位取りも兼ねてましたので)、温泉に入ったほうがいいと出ましたので、鞍馬まで行ってきました。

でも、平日の夜はさびしいところですね。

お客は、ほぼ私一人でしたので、露天風呂独り占めでした037.gif

そして、次の日の八坂神社。

こちらでも、お守りを買う予定が、早すぎて社務所が開いておりませんでした。


次に行ったのが、石清水八幡神社。

f0198306_1458873.jpg


京都の神社は、みなこの石清水八幡神社のほうを向くように建てられている? とも言われているくらい、影響力のある神社さんということです。

しかし、私はここでおみくじを引き「凶」をゲット008.gif

神社で初の凶おみくじを引いたのでした。

ただ、全部悪いのかと思ったら、病だけは「治る」って。

全部悪いわけじゃないのね。
でも、ちょっとブルーになって展望台から観ていた景色です。

f0198306_1544066.jpg


この後、神戸にある「五色塚古墳」まで行きました。

大まかな地図を頭に入れて舞子の駅でおり、線路際を歩いて古墳へ……と思ったけれど、道に迷ってしまいました002.gif

海側に出てしまい、大きい建物があるけどあれは???と思ったらアウトレットの建物群でした。

そして明石海峡大橋
f0198306_1141118.jpg


016.gifきれいだなぁと思いつつも、「五色塚古墳はどこ???」と若干焦ってきました。

線路際の道に戻り、なんとなく古墳みたいな感じの土の盛り上がりを確認したのですが、ここからはどうも入れない模様。

かなり先まで歩いて、住宅地を抜けるとやっと五色塚古墳

f0198306_1165336.jpg



「あったよ016.gifとほっとして、登ってみました。

ですが、かなりの強風。
でも、この古墳の上、パワースポットなんですよ。お願いが叶うということで、声に出してお願いしなければなりません。


できれば、一人でお願いしたい!! と思っていたのですが、この強風では誰もいませんでした。
すでに願いが叶っております001.gif

そして五色塚古墳から見る、明石海峡大橋
f0198306_11125488.jpg

f0198306_11191417.jpg


風がすごかったので、あまり長居はできませんでしたが、穏やかな日はさぞかし心地よいところだと思います。
ここだけ周りとは違って異次元な感じがいたしました。

なんか、古代というよりは、逆に未来的な感じがしましたよ。

念願かなってお願いことをさせていただきました。

そして、勝ち神参りは明日も続きます。
明日は鞍馬寺と建仁寺 禅居庵摩利支天堂に行きます。
[PR]

by sunandthemoon | 2009-11-23 15:20 | 旅行

伏見稲荷のネコと八坂神社の美容水

秋の京都に行ってきました。

私が行ったときは(11月12日)、山は紅葉していましたが、市内はまだまだかなぁって感じでした。


そして、初日に行ったのが

伏見稲荷大社

f0198306_19491158.jpg


赤い鳥居が続く、美しい神社です。

この鳥居が、山の中まで続いていて、約2時間で回ってこられます。

f0198306_22344482.jpg



本殿にお参りした後、伏見のお山に挑戦です。

すこ~し登ったときに


ネコ016.gif

f0198306_224227.jpg


伏見稲荷にネコ???と思いながら、カメラを構えると、まったく動じず、
写真を撮り終えると「お仕事終わり」とばかりに下にくだっていきました。

ず~っと上りなので、時々休みながらですが、コートを脱いで、カーディガンも脱いで、
薄いセーター一枚でも暑くなるほどの運動量です。

f0198306_22483280.jpg



赤の鳥居は美しいですが、だんだんそんな余裕もなくなってきました。


途中、いろいろなお社があります。

眼力社とか、足腰社とか005.gif

四ツ辻まで来たときには、足がもうがくがくで、ここで引き返す人も多数いたようです。

私も「もう無理かなぁ。まだ半分ぐらいだけど007.gif


この辺りにある、とあるお社にお参りしたら、なんだか元気をいただけました。

この勢いで、三ノ峰、二ノ峰、一ノ峰と回りました。


そして、また四ツ辻に戻ってきたとき、「さっきお参りしたお社にお礼にいかなきゃ」と思い、
ローソクを奉納させていただきました。


その時に、管理されている方とお話ししたのですが、

なんと、その方、ろうそくの燃え方でその人の心の状態がわかるのだとか。

いろいろ解説していただきました。

おそるべき、伏見稲荷大社019.gif です。


帰りに四ツ辻で、きなこバニラミックスのソフトクリームを食べ、
下りではまたネコに癒されました
f0198306_2351182.jpg


伏見稲荷大社で買ったお守りは、
この2つです。

f0198306_23555040.jpg



そして、次の日の朝早くに向かったのは、八坂神社。

その前に、朝の花見小路通りです。
f0198306_074397.jpg

京都って感じですよね。
f0198306_082347.jpg


八坂神社到着

f0198306_09339.jpg


こちらも本殿お参り後、

力水をいただき、
f0198306_095380.jpg


肌がつるつるになるとうわさの、美容水を顔に2~3滴付けた後、

f0198306_011797.jpg


美御神社にお参りさせていただきました。


これで、美人になれること、間違いなし058.gif

祇園にある八坂神社は、とっても女性的なエネルギーの強い神社でした。
[PR]

by sunandthemoon | 2009-11-22 00:41 | 旅行